チャーリーとチョコレート工場
思ったより面白かったかも。 でも、ジョニー・デップとティム・バートン監督の
怪しい世界観というか空気はちゃんと健在してましたねー。

しかし、あのチャーリーの家、子どもの頃の自分んちのようだったから、、、
ちょいと懐かしいというか、もの悲しいというか、変な気分になっちまったぃ。
壁のすき間から外が見えちゃうんだよね。 (^▽^;)>゛
自分が子どもの頃にはたまにいたのよ、そういう貧乏な家のヤツが。(苦笑)
近所でその代表選手みたいなんがこの僕んちだったわけですがね。
その上、鍵で施錠する必要のない家だったから鍵の無い鍵っ子だったから
いつも家に帰るのがイヤで遅い時間まで外で遊んでたな。
食事も「おかわり」って茶碗を差し出すと、コップ1杯の水を飲んでから
それでも食べれそうだったら食べなさい!って言われてたんだよね。これは、
さすがに思い出すと自分でも笑える。 給食バンザイ!!!

チャーリーは、拾ったお金を交番に届けずに、それでチョコレートを買ったよね。
お金を手に取ったら、ちゅうちょすることなくチョコレートを買いに行ったよね。
映画の中ではそうするのが当たり前のような感じだったけど、それってどうよ?
子どもならそうするのが当たり前なのかな? でも、子どもこそお金を拾ったら
どうするべきか 大人以上にあれこれ考えると思うんだけどなー。

おとぎ話なのに、お重の隅をつつくような話のほうこそ下衆かな。(^▽^;)>゛

あのウンパ・ルンパって、小っちゃい 「 なんでんかんでん 」 ですかぃ?
あれ笑えるよね。
[PR]
by auryns | 2005-10-11 21:14
<< 新しいCMもイイ感じだなぁ 録音 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30