佐賀のがばいばあちゃん
2006年 監督/倉内均  原作/島田洋七

昭和の時代を生きた人にはよくわかるストーリーで、とても親しみやすい映画でした。
ただ、ばあちゃん役の吉行和子さんがキレイすぎるかも・・・。

上映時およそ60人くらいだったかな。その全てが自分より年上ってのには笑った。
ほとんどがシルバーの方でした。
だから、もったないお話のシーンでは、みんなして肯くうなずく 笑うわらう。。。
そして人情・愛情・家族愛あふれるシーンでも泣くは泣くは。(笑)
館内に微笑ましい空気が流れてるのを感じたのは初めてのことでした♪




b0041213_20265858.jpg












続々とお年寄りが入ってくるのに驚いての、1コマです。(笑)
[PR]
by auryns | 2006-07-04 20:29
<< ゲド戦記 [試写会] えづら >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30