麦藁帽子
母さん、ぼくのあの帽子どうしたでしょうね?
ええ、夏 碓氷から霧積へ行く道で、渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ。

母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
ぼくはあの時 ずいぶん悔しかった。
だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

母さん、あのとき向こうから若い薬売りが来ましたっけね。
紺の脚絆に手甲をした。
そして拾おうとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。
だけど、とうとう駄目だった。
なにしろ深い谷で、それに草が背丈ぐらい伸びていたんですもの。
母さん、ほんとにあの帽子どうなったでしょう?
その時そばで咲いていた車百合の花は、もう枯れちゃったでしょうね。
そして、秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
あの帽子の下で毎晩キリギリスが啼いたかもしれませんよ。

母さん、そしてきっと今ごろは
今晩あたりは、あの谷間に、静かに霧が降り積もっているでしょう。
昔、つやつや光ったあの伊太利麦の帽子と
その裏にぼくが書いたY・Sという頭文字を埋めるように、静かに寂しく。


---------

夢の中で、この詩を読んでました。そんな世界に行ってました。
そしたら目が覚めてしまいました。
きっとたぶん霧が降り積もっているんでしょう。
[PR]
by auryns | 2004-11-11 04:48
<< 人間修行が足りません! 義援金 >>


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30