2005年 03月 08日 ( 1 )
ダラダラで凹む
どうもまた現実逃避な自分のダメなところが春の陽気と共に顔を出し始めてきたらしい。
もうダラダラで何もやりたくなくなる。 頭の中じゃ わかってるんだけど、どうしてもダメ。

競争とかいうのがとにかく苦手で、その中にぶち込まれるのが物凄く怖いんだ。
競争の意味がわかんないし。 自分はすごく脆くて弱い人間だってことは十分承知してる。
弱いから逃げたいんだろ!と言われると、素直にうなずく。 強くならなくてもいいし。。。

子どもの頃、がんばって取った良い成績の答案用紙を自慢気に母親に見せると、
「 良い点が取れたのも毎日お母さんが仏壇にお祈りをしてるから 」 だと言われた。
点の悪い時は、「よその子はお父さんやお母さんに教えてもらいながらでも勉強してるのに
オマエはそんなことさえしようとしない」と教える気持ちもないくせに こうして罵られる。
口から出る言葉は、「よその子はみんな良い子なのにどうしてオマエはそうなんだ」

勉強する意味がわかんなかったよ。 テストなんて大キライだった。 できるなら毎回
その場から逃げ出したかった。 だって、良い点でも悪い点でも罵られるんだから。

あとよく言われた言葉は、「悔しかったら見返してみろ」
悔しいなんて思えなかった。 悲しかった。 そう言われるたびに悲しかった。

中学に入ると、テストの順位が成績として残るでしょ。 オレにとっては まさに地獄。
もちろんテストはエスケープ。 テスト勉強なんてしなかったなぁ。 試験週間になると、
バカ友達と一緒に勉強するという口実で深夜の街を徘徊したり、クラスメイトが勉強してるか
みんなの家の前まで行って明かりが点いてるか見て回ったり、さもなきゃカンニング用の
仕掛けをあれこれ作ったり。 こんなことをしてるのは楽しかったけど、家で寝てるか、
テストを受けてもやっぱり寝ちゃってるんだよね。

進学にチカラを入れるような中学じゃなかったから進学への補修授業が始まったのは
中学3年の夏から。 その前に成績順に補修のクラス編成をするためのテストがあった。
あのときは自分の進路をこのテストで決められてしまうような感じがして、それがイヤで
珍しく勉強したんだ。 生徒数が360人で 8クラス。 結果、上から2クラス目に入った。
補修のクラスで顔を合わせるヤツがみんなして、オレが何でこのクラス?と不思議がった。
ほとんどのヤツはオレを頭の中も筋肉君だと思ってたらしい。そう思われても仕方ないけど。

クソ面白くない補修時間の終わりにその日受けた授業の小テストをするのがお約束で、
補修3日目、この小テストに嫌気がして隣りに座ってた友達に小声で話し掛けたのを
壇上で監視をしていた体育教師に見つかった。 その教師は近づいてきてオレの胸ぐらを
掴み、「オマエがこのクラスにいるのはおかしいと思ったらやっぱりカンニングだったか」と
クラス中の空気がどよめくようなことを言いやがった。 根も葉もないことに抗議したけど、
次の日から補修を受けることはなかった。 試験なんてやっぱりアホくさいと思った。

いつの頃からか 誰かの手の中で競わされることへの嫌悪感が自分の中に根付いてた。
それは社会に出てからでも変わることがないまま今に至ってる。
大きな枠組みの社会から逃げることはできないとしても、せめてもの抵抗がしたかった。
んー 抵抗っていうんじゃないな。 弱い自分だからこそなんだろうけど、企業の中で
頑張り抜く自信なんてまったくなかったから会社員として働くことができなかった。
毎日顔を合わせる同僚と成績で張り合うなんてゴメンだし、そんなことはオレにはできない。
それに、もし会社が倒産したら投げ出されてしまうような立場も怖くてたまらなかった。
仮に会社内でなんとか頑張れたとしても、あの会社に追いつけ追い越せなんて・・・。

おととい、NHKで 上海でのコンビニ戦争の番組が放映されてたけど、あれを民主主義と
いうんでしょうか。 売残ったお弁当を廃棄するシーンに気分が悪くなったよ。

競争って苦手。 無駄を利益でカバーできれば、それは正解だとする論理も大キライ。

毎日の勝つか負けるか なんてものは一生を左右するようなことではないけど、その毎日の
積み重ねが、あるとき気づくと大きな不調和を自分の中にもたらしてるように感じるんだ。

社会で生きてる人 みんな すごいと思う。
やっぱりみんな努力してるんだろうけど、オレはみんなに到底およばないや。

毎日 毎日 社会とダメな自分にさいなまれて たまに こうして壊れかける。

なんとか少しでも早く自給自足ができる秘密基地の建設予算を貯めて脱出したいよ。
井戸水に、ソーラーパネル、風力発電、ホームシアターに、暖炉。
鉄腕ダッシュのダッシュ村でもいいな。 自然に手を合わせて感謝できる生活がしたいな♪
[PR]
by auryns | 2005-03-08 13:35


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31