また通知不可能
やれやれ、またパリからケータイで電話してきやがったよ。
さすがに出ないのも気が引けたから、
メモ録に切り替わった瞬間に電話に出てあげた。

半分仕事で、ほとんど遊びで、大半を遊んで、仕事してないだろ?
と聞いたら、質問に答える代わりに、
「歩き疲れたんでサンジェルマンデプレでお茶してます」 と
これまたベタなことを言ってきた。

相手にするのもバカらしかったけど、ケータイで引っ張ってやったら
通話料がいくら位かかるものなのか興味があったんで、
くだらない話を延々してあげた。 ((( ←~(o `▽´ )oΨ ケケケ♪

今頃は向こうでもいきなり寒くなる頃だよね。
パリより そだなバルセロナでも行って豆のスープでも飲みたいな。
それと、プランも山盛り食べたいかも♪
[PR]
# by auryns | 2004-10-27 02:05
母上様
大のドラゴンズファンの母上。 試合終了とともに、

「 まー 明日からオマエたちにメシなんて食わしたらん!」

と、キリッと オレの方に向き直って言う。

「 おぃ おぃ ちょっと待ってくれー。 オレが何したんだー。」

八つ当たりも大概にしてほしいわぁ。なんでこんなこと言われなあかんのだぁ。
この母、夕方のニュースで、このたびの新潟地震の報道を見ていて、、、

「ちょっとこれ見てみや。この体育館におる人はペットを連れて来れんもんで
仕方なく置き去りにしてきとるって言っとるに。ペットは飢え死にかな。可哀相に」

って、ペットの話をしとっただろう! それなのに、どういうことだ!?

( by 名古屋弁 )
[PR]
# by auryns | 2004-10-25 22:54
通知不可能
先週から何度となく、「通知不可能」という着信があって
すごく怪しく思えたので1度も出なかったんだけど、
今日、留守電にその主からのメーセージが残してあった。

一体どんな内容だ!? と、メッセージを聞くと、

「ハーイ、アウリンさーん 今 サクレクール寺院の前で
パリを見下ろしていまーす。ケータイからかけてますから
良かったら電話してくださーい」

という、能天気なメッセージだった。

通話料がもったいなくて何度目かでやっとメッセージを残したヤツが
よくそんなセリフが言えたもんだよ、まったく。(笑)
絶対にかけるもんかー! 炎炎炎>(◇´*)ブオォォオ(*`◇)<炎炎炎

アートショー 観に行ってんだぁ。 いいな~。

しかし、ホントに便利な時代になったもんですよね♪
[PR]
# by auryns | 2004-10-25 17:16
サングラスがない
弟からの電話、
「ウィンドーの開閉が調子よくないから少しの間、車を替えてもらえん?」

以前 乗ってた車を弟に買ってもらったら、オレをまるっきり車屋のような
扱いで物を言ってくる。
そんで、車の調子が悪いところをいじってやるわけなんだ。

そんなワケで、今日の昼すぎに車を入替えて弟は行楽に出かけた。
なんか体裁よく車を持っていかれたような気がしてならんのだけど。

とりあえず仕事へ出かけようと車に乗り込んでからサングラスを自分の
車から持ってくるのを忘れたことに気づいた。

しかたなく弟の車を物色して、やっと出てきたのは姪のおもちゃのサングラス。
眩しさには耐えられんので、これまた しかたなく そのサングラスをしてみた。

顔が痛い。 なんせ小さすぎます。 それでも眩しいよりはマシだと思い、
対向車に顔を見られるのはイヤだな~と感じつつもそれをしてました。

3歳の子のだもん。たしかにオレは顔がデカイけれどもサングラスも小さいの!
憂鬱な顔して運転してますでしょ。(笑) 花柄サングラス
[PR]
# by auryns | 2004-10-24 21:12
栄 東交差点 東新町にて
左前方を走行していた乗用車がいきなりハンドルを切ってきて、
危うくぶつかりそうになった。

その車に、瞬間 カチン!と来たけど、その理由も即座に判明。

なんと 道の真ん中に、ダストボックスが!
それも、ちゃんと立ってるから、ちょっと不気味に感じた。

そのダストボックスから すぐの信号が赤になったので停止したとき、
サンルーフから手を伸ばして左後方をケータイでパチリ。

ダストボックス には、Daidoの文字が書かれていました。

片付けてやれば良いと思うところだろうが、そんなことをしていたら、
ピューリッツァ賞は獲れないのだよ、わかるかなアムロ君!

はい、わたくし皮肉屋です。 ← あ でもコレ仕事じゃありませんからー (   )
[PR]
# by auryns | 2004-10-24 13:27


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30