タカラモノ
半べそかきながら電話してきた息子。 どうした?と聞くと、
「お父さんは学級委員とかなったことある?」と言う。
それがどうしたのかと聞いたら、学級委員に立候補したけど
投票で負けたらしく、それで涙が止まらない様子だった。
もう可愛くてしかたないです。
思わず、“国松”と呼びそうになってしまうほどです。(笑)

この子 誰に似たのか やりたがりの出たがりで、
どんなことでも身の程もわきまえずに、やってみたい人?と
いう言葉になにもためらうことなく「はいっ!」と手を挙げる。
ステージに上がるのも大好きで、何かショーを観てるときでも
チャンスがあれば必ず手を挙げる。

息子が通っているピアノの先生は声楽が専門らしく、
声楽のレッスンもあって、発表会ではピアノと独唱の2通りある。
うちの子 やめればいいのにその両方にエントリーしたがる。
歌い始めるとそのひどさに毎回会場から失笑をかってるのに
それでも本人は毎回やりたがる。

親は何かに理由をつけては逃げたがるタイプなのに、
どうしてあの子はこうなんだろうといつも不思議に思ってる。
だけど、そのほとんどで泣きべそをかくんだよね(苦笑)
そのたびに、この子のためなら何でもしてあげられるって
心の底から思う。どこの親でもこうしたのは同じだろうけどさ。
[PR]
# by auryns | 2004-10-23 17:58
フライデー
b0041213_05101.jpg身の回りの事件・事故の話題には写真があるほうが
わかり易いですよね。
というワケで、昨日のカギ穴の画像をUPしてみます。
写真を有効に使うことにイマイチ疎いんで、
自分にとって、これは今後の課題だと思ってます。
[PR]
# by auryns | 2004-10-23 00:07
カギがない
キャンセル電話がかかってきたとき、あまりのショックで
不意に書庫のカギを閉めてしまった。

カギを無くした書庫。 カギを開けると、カギ穴が出っ張っるタイプ。

ショックで倒れそうになったとき、 [書庫|ヾ(_ _|||) クラ~ っとして
手をついちゃったんだよね~。

カギ穴を押すとカギがかかっちゃう、ドアノブによくあるタイプみたい書庫のカギ。

手をついて、 ハッ とした瞬間 Σ( ̄ロ ̄|||)  受話器を耳にあてたまま、
『 これはショックのホームラン王だぁ 』 と意味不明な言葉が頭をよぎった。

受話器を置いて、しばし呼吸を整え 書庫の開け方を思案。。。 結果、
電動ドリルをスタンバイ!

ショックの憂さを晴らすように、おりゃ~と カギ穴へドリルを突っ込んでやりました。

自宅の一室を事務所代わりに使ってるもんだから、突然 家の中で金属のこすれる
キーンという気味悪い異音に、野球の日本シリーズを観てた親父が何事だ!?と
飛び込んできました(笑) が、

(¬ー¬) ニヤリと微笑んでやると、何も言わずに後ずさりして出ていきました。

今日は、黒革の手帖は放送しなかったのかな? 大奥は、ふく がんばれ~
恋のカタチは、あぁ横浜の港でも彷徨いたい。 大塚愛の「大好きだよ。」覚えたい。
六星占術は、乱気の日だったようです。 はふぅ さて、寝よっと。
[PR]
# by auryns | 2004-10-22 01:01
X’mas 用品
台風に備えて、緊急災害用品でも買っておこうとホームセンターへ行ったら、
店内に入ってスグのところに、X’mas用品が売られてるじゃあ~りませんか!
なんか変てこりんな気分になったんで何もを買わずに帰ってきました。
どこの店でもこんなもんなんでしょうかねぇ!?
[PR]
# by auryns | 2004-10-20 21:49
クマ
気の毒ですね、人里に下りてきたクマ。
理由がなきゃ怖い思いまでして、ましてや子クマを連れてなんて。

気の毒ですね、農園や家畜を荒らされてしまった方。
失ったものは、やはり生活の糧となるものばかりですよね。

話すことができない関係だと、恐怖や不安から
殺すとか殺されるとか、そんなところにまで発展してしまうんですね。

人と人も同じ構図を持ってるんでしょうね。

何が良くて何が悪いという善悪を分けて考えてしまうのには抵抗がある。
理解し合うことが重要で、理解を示すことができたときには、
きっと、何が良くて何が悪いじゃない ある答えを見つけられると思ってる。

そして、また この「ある答え」について、同様に理解し合うことに努力すれば
より賢明な答えを見つけられるんだと思う。
さらに、こうした繰り返しが必要なんだとも思います。

火に火を加えると、「炎」。 さらに火を加えると「火炎」。
炎に水を加えると「淡」。 あわくなり。さらに水を加えると「淡水」となる。
これで火が消えるぅ~。 > トリック2のパクリじゃん それに意味不明(笑)

マイケル・ムーアの映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」は極端ではあるけど
人間のある一面をうまく捉えてる作品なんだと思う。

どんなことでも理解できるまで考えて自分で見つける結論には血が通う。
この自分で出した結論を、理解しようとしない心ない人の軽はずみな言葉で
傷つけられれば、当たり前のように血が流れ落ちてしまうんだよな。

血を流さないためにも、話すことはとても重要なんだよね。
何かしらを感じあえる者同士であれば、目を合わせるだけで通じるものもあるが。

そこでできた住み分けは尊重されるべきものだと思う。

本来、目を合わせただけで自分の住むべき場所へ帰るはずの人とクマ。
帰れない理由・・・。
報道で取り上げられるように食料不足でしょ。というのが本当のところだと思う。
けど、これはあくまで第三者としての言葉だよね。
当事者となったら、このクマの件にかぎらず どう思考して本質を理解できるか。
そしてどんな結論を見つけて生活に活かすことができるんだろう。

まだまだ人生勉強だぁ。
[PR]
# by auryns | 2004-10-19 22:07


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31