久々の映画鑑賞
今まででこれほど涙が出ちゃう映画ってなかったな。
久々に観る映画館での作品が「 海猿 Limit Of Love 」でよかったーと本当に思っています。

前作もTVも全部みていて、そのときからあのカップルには好感を持っていたので
どんどん引き込まれる 引き込まれる。(笑)

信じてくれる人のために自分ができることのすべてを。
ここでは究極の「生」のために、
逃げずに負けない気持ちを握りしめて、がんばり抜く。
こんな生き方には本当に感動でした。

がんばり抜かなきゃダメなときもあるんですよね。さもなきゃ死んじゃうわけだし。
こうしたシチュエーションが現実に起こることはまず無いだろうけど、でも、生き方として
「生き抜く」、「やり抜く」 からこそドラマが生まれるのは間違いないよね。
前向きに生きること♪ そうじゃないと、事件・事故で片付けられる話で終わっちゃうし。
生きているだけでも本当に素晴らしいことだという言葉はよく耳にするけど、なんとなく
実感できるようなそんな気持ちになれたなぁ。
DVDが出たら、今度は部屋しめきって、もう1回 大泣きしてやる~。
それまで感謝しながら前向きに生きることの実践だ! で、息継ぎのDVD。(笑)

カップルで観るにもいい映画だよね。 「絆」に鉄杭打ち抜きたくなるだろな♪^^
[PR]
# by auryns | 2006-06-09 00:56
野生の証明
1978年 監督:佐藤純彌

TVの深夜にやってました。なつかしさのあまりにしっかり観てしまった。
押し入れのどっかに当時劇場で買ったパンフレットがあるはずなんだけどな。(^▽^;)>゛

あらためて観ると、いくつかの点で昔と違う印象を受けた。
この映画、てっきり薬師丸ひろ子の映画だと思い込んでたけど、これ健さんの映画だね。
薬師丸ひろ子のデビュー作品っていうところで曖昧な記憶のまんまだったけどさ。
でも健さんイイわ~。それと、当時も惹かれるものはあったけど中野良子さん色っぽい!
なんかいい感じだー。それから、この映画に舘ひろしも出てたんだねー。知らなかったよ。
とにかく配役も豪華なので今見ても違う面でも楽しめるんじゃなかと。

ラストで町田義人の「戦士の休息」が流れると、曲に合わせて歌詞がスラスラ出てくるから
不思議なもんです。歌詞が短いからってのもあるかもだけど。とにかく流行ったよねー。
ついでに「赤い狩人」だっけ?キタキツネの映像まで目に浮かんでしまいました(笑)


       ありがとう ぬくもりを  ありがとう 愛を
       代わりにオレの命を置いてゆけたなら

       男は誰もみな 無口な兵士
       笑って死ねる人生 それさえ あればいい
[PR]
# by auryns | 2006-05-17 01:20
ゲロッパ!
2003年 監督:井筒和幸

こういう映画 好きだな~。 人情喜劇っていうのかな。
感動を求めちゃいけない映画ってやつですけど、ユーモアあって泣きどころもあって♪
肩こりしません。お金かけずに観ましょう(笑)
[PR]
# by auryns | 2006-05-17 00:50
東京タワー
昔 一緒に観た映画がTVで放映されるたびに記憶が呼び起こされる。

あなたは今どうしてますか
[PR]
# by auryns | 2006-04-07 21:28
また「MASK DE 41」をみる
後厄の今年。厄年オトコを題材にした映画をまた観てみる。
2回目でも笑えるこの映画はなんなんだ。マジ笑いしてしまう。
むしろ2回目のほうがおもしろい。
人生これくらいのノリのほうが毎日がたのしく過ごせるんだろうな。
そんなふうに思わせてもらえただけでも収穫ってもんだ。
[PR]
# by auryns | 2006-04-05 01:41


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31